芋くりレモン  ¥500

黄色のハーモニー全開

旬でなくても年中、食材が出回るようになりましたが、街路の樹木が赤や黄色に染まって涼しくなると食欲が刺激され、お芋や栗がおいしい季節になります。サツマイモと栗の上に、化学肥料や化学合成農薬、除草剤を使わず皮まで食べられるレモンを乗せて、コトコト炊いた「芋くりレモン」。甘酸っぱく、美しい黄色の姿は、男性女性ともに好まれる一品に。「さつま芋と栗のレモン煮」は、昭和の時代の脚本家、小説家の向田邦子さんの愛した1品でもありました。グルメでいらした向田さんへのオマージュとして、食堂あおぞらは「芋くりレモン」を捧げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。