そば味噌きゅうり  ¥350

プチプチ蕎麦の実が隠し味
長野県の善光寺門前で、明治35年にみそづくりを始めた酢屋亀本店さん。すでに120年近い歴史をもつ老舗の味噌店です。「すや亀」ブランドのお味噌に、蕎麦の実と牛蒡をつけこんだ「そば味噌」を、信州への旅の途中で見つけました。
味噌は、日本を代表する発酵食品。酢屋亀本店さんによると「瓶詰めになっていれば1年常温保存でき、蓋を開けたら冷蔵庫に移してください」。食堂あおぞらは、皮に細工をしたきゅうりに、香ばしいそば味噌を乗っけます。蕎麦の実や牛蒡のプチプチした食感とうまみは、ご飯の友に、お酒のアテに、何より今日のお料理のスターターとして優秀な一品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。